バリ挙式参列者服装について調べてみました

海外挙式をするのには期待も不安も

海外挙式は今、かなり人気が高くなっています。
ですが、海外で挙式をするということで新郎新婦はもちろん、招待されるゲストの側にもいろいろな不安がありますよね。
言葉が十分に通じない状態で細かいところまでお任せしていいのかどうか、またゲストのヘアセットや衣装についても、国内挙式ですらいろいろと細かく気を配るべきポイントがあります。
文化の違う海外での挙式ともなれば、より一層「どうしたらいいのだろうか」と悩まれる方も多いと思います。
今人気のバリでの挙式で調べてみました。

バリ挙式参列者服装でお悩みの方に

バリでの挙式に参列されるゲストの衣装については、日本で行われる挙式ほどしっかり決めていく必要はないようです。
例えば男性はアロハ(海外では正装ですから、下はスラックスなどを着用することも多いようです)であったり、襟付きのカジュアルな服装の場合もあります。
女性はムームー、リゾートワンピースという場合もありますし、ドレスを着用したりといったケースがあります。
どれも失礼な服装ではありませんから、あまり気にしすぎないでも参列できるのはうれしいですよね。
また民族衣装で参列、ということもできるようですから、新郎新婦が民族衣装を着用するのなら、ゲストもあわせて統一してみても素敵ですよね。
民族衣装の場合には、専用下着などは必要ないようですが、女性のブラジャーはストラップのないもののほうが便利なのだそうです。

関連サイト
バリ挙式の【アヤナリゾート】